ドバイ旅行(2015年6月9日~16日)-1-

6月9日(火)。
仕事上がりに、例の後輩ちゃんの結婚記念ステッチを
必死のパッチで仕上げて
ぎりぎりぎりぎりで送付の手配をして会社を出ました。

今回の旅の友Acchanと合流して、23時15分、出国!
カタール航空だったのでドーハで乗り継ぎ。
その後、ドバイへ☆

オフシーズンだった事もあり機内は空いていました。
なんか、ジオメオトリックな柄のキットも付いていた。
エコノミーだけど、意外と可愛かったの♪

f0165730_15113781.jpg


砂漠が広がる中に突如現れる高層ビル群。
なんか、本当に見た事の無い不思議な風景。

f0165730_15081019.jpg

f0165730_15082167.jpg


6月10日(水)、8時15分ドバイの新しい空港着。
前の職場で一瞬でしたが仕事でお会いしたことのある
(というかホント大した関わりなかったのに)
空港まで迎えに来てくれたインド人のイスラニISRANIさん。
深謝!!!!!!

途中でガイドをお願いした渡辺さんをピックアップ。
ISRANIさんの会社の車をそのままお借りして
渡辺さんのガイドでまず市内観光を回る事に。
まず、超高級7つ星ホテルバジュール・アル・アラブ(Burj Al Arab)
の臨める浜辺へGo!

f0165730_17440268.jpg

f0165730_17441704.jpg

 
神田うのちゃんとかが泊まったり、
マイケルジャクソンが泊まる予定だったり、
ていう、超セレブホテル。
上の方に刺さってるように見える円盤型のところが
ヘリポートになっていて、ヘリで到着して
誰にも会わずに極秘チェックインが出来るらしい。
ちなみにロビーに入るにも入場料がいるらしい。
ので、遠くから臨むだけwww


次は、歴史も学びましょって事で
ドバイ博物館へ。

f0165730_17505136.jpg


入場料が約100円ほど。安。
昔の建物や生活がわかる展示が並びます。
ただ、外、半端なくお昼間暑かった。
(この日は50度。。。でした)


f0165730_15104212.jpg

f0165730_16002234.jpg

f0165730_16003866.jpg

f0165730_16005706.jpg

f0165730_15134237.jpg

f0165730_16020473.jpg

暑さを防ぐ工夫のされた住居。
風を無駄なく取り入れ、循環させる仕組みになっている。


f0165730_16070178.jpg

中から見るとこんな感じ。

f0165730_16075536.jpg

さささっと見て、冷房の効いた室内展示へ。

ドバイ首長国はアラブ首長国連邦のひとつで
1960年代後半に石油が発見されるまでは
真珠業が盛んだったとか。
ただ、自然の真珠は大変小粒で米粒サイズ。
なかなか、高値では売れず、
また、素潜りだったために短命だったよう。
更に、養殖真珠の技術を磨き
ドバイの真珠業に大きな打撃を与えたのが
ミキモト真珠だったとか!!!
なかなか、厳しい生活を強いられていた中!
石油を発見。
生活は一転するのですね。

ドバイは世襲式の絶対君主制。
つまり王様がその血縁関係で引き継いでいく形。
石油などもすべて国営なので、
首長がコントロール。
ドバイの人はその利益で、仕事も与えられ、
家も与えられ、アラブ人同士で結婚すれば
ボーナスもお給料も上がり、と、かなり守られた環境。
納税義務もありません。
よって、もちろん、消費税、所得税などもありません。
すごい!!!

しかし、金融の街、観光の街として
国際的に発展するために外国人の受け入れ、
外国人の企業にもかなり手厚いサポートを提供しています。
法人税なしの区域もありなのです!!!
すごい!!!

ただ、外国人はグリーンカードのような
永住権は与えられず、
会社の業績チェックなども細かく入り
ビザも何十年居ても3年に一度の更新なんだそう。
そりゃそうよね。帰化も出来ないわね。

そんな国民と海外からの移民との距離感を
うまくコントロールすることで
恐ろしい勢いで国際都市へと成り上がって行ったわけですね。
観光都市をうたっているので治安もとっても良い。
てか、日本より、良いんじゃないか。。。
ホームレスとかはいません。
警察のコントロールも頻繁です。

ここ20年ほどでGDPは30倍になったんだそう。
すごいなぁ。。。

博物館で歴史を勉強した後は、
川を渡って向こう岸。
ボートに乗ります。
1回33円ほど。安。
高いものと安いものの差が激しすぎる!!!

f0165730_16423023.jpg

f0165730_16432069.jpg

反対岸のゴールドスークGold Souk、つまり、金市場へ。
金市場見て回る前に、ちょっと一息。
フルーツジュース店。
このあたりの商売人はインド人などが多いみたい。

f0165730_16525442.jpg

f0165730_16530957.jpg

めちゃうま☆
フルーツ入りまくりで300円位。

そして、金市場へ!!!
とにかく、きんきらきんきんきん☆☆☆☆☆

f0165730_16535707.jpg

f0165730_16543163.jpg

f0165730_16550245.jpg

スパイスやパシュミナなどの布製品なども盛ん。
それらもインドからのものが多いようですね。
ざざざっと市内観光をガイドさん付きで回って貰い
一旦荷物をホテルへ置いて、
渡辺さんとはさようなら。。。
詳しいガイドありがとうございました!!!!

再度、イスラニさんがピックアップに来てくれて
こちらもまた世界一広いというドバイモールへ。

ドでかさはやっぱドバイ。
モニュメント?もスケールでかい!!

f0165730_17074603.jpg

ばかでかい水族館もあるし、

f0165730_16581322.jpg

スケートリンクもある。
画像左側の民族衣装カンドーラ着た男性、
連れてこられた宇宙人のようになっておりますwww


f0165730_17071537.jpg

そして、ブルジュ・ハリファBurj Khalifa。
世界で一番高いビルの展望台へ!!!
全高 828.0 m。
スカイツリーにも登ったことないのにwww

f0165730_17105489.jpg

もやがかかったような
澄み切った景色ではないのです。
湿気がすごいせいみたい。
遠くには砂漠が広がります。

f0165730_17112449.jpg

砂漠の中に突如現れる摩天楼。
なんか、非現実的というか
日本での生活とかけ離れてて
なんと表現してよいものか。

f0165730_17120887.jpg

そして、このブルジュ・ハリファをバックに噴水ショー!
30分おきに行われ、無料で見れるのです。

f0165730_17223205.jpg

f0165730_17234261.jpg

f0165730_17235903.jpg

f0165730_15154882.jpg

そして、その噴水ショーが臨める
ドバイモール内のレストランへ。。。

f0165730_17313439.jpg

アラブ料理を食しました。初体験☆

ひよこ豆をペーストにしたもの。
ナンのようなピタパンにつけて食べます。
結構おいしい!
生野菜はやっぱり少ないんですね。

f0165730_17260133.jpg

サラダもミントやパセリなどをみじん切りにして
オリーブオイルなどで和えたものが主。
さわやかでこれもなかなか美味。
ミントとか苦手なんだけどこれは美味しかった♪

f0165730_17263145.jpg

BBQのような串料理が多いのですね。
シーフードバージョン。

f0165730_17324651.jpg

お肉バージョン。つみれのような感じ。
ラム肉だったと思うけど、
ミントなど香辛料が練りこまれて
臭みもなく美味しかった。

f0165730_17335839.jpg

お食事が終わってドバイモール内に戻ると
すっかり日も落ちてライトアップがきれいでした。
窓越しに噴水が。とっても幻想的でした。

f0165730_17350928.jpg

イスラニISRANIさんにすっかりごちそうになってしまって。
レディファーストだし、
手土産にチョコまで持たしてくれて
なんか、行き届いたサービスに感動しました。
もう、お仕事関係ないのになぁ。

一生懸命お仕事してた前職の恩恵、と、
いうことにしておこう。

持ってきたお土産が、
柿の種セット(ノーマル・梅味・わさび味)
しょぼくてごめんなさい。。。。

長い長い1日目が終わり、
2人ともバタンキューで熟睡。

続く→


[PR]
by nevealta1206 | 2015-06-19 17:53 | viaggio