<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

1ヶ月

お父さんが脳出血で散歩中に倒れて
救急車で救急病院に運ばれて
1ヶ月が過ぎました。

今は、リハビリ病院でリハビリ頑張っています。
本人の精神力と気合いでとても
生死をさ迷っていた人とは思えない
回復ぶりです。

リハビリの先生方もビックリ\(◎o◎)/
今は毎日、言語聴覚の訓練、作業の訓練、
理学の訓練をしています。
各々プロの先生がいらっしゃって
土日祝日、もちろん休みなく毎日リハビリがあります。
集中して一気に回復させることが
大事なんだそうです。
運動能力の回復は特に3ヶ月が勝負なようで
ある程度回復した後は回復の伸びが止まってしまうそう。
ただ、リハビリは継続しないと
現状維持も困難になるのだそうで
一生リハビリは続くのですよね。

言語聴覚の方ももちろん最初の3ヶ月が
とても重要なようですが、
言語の方は現在、学会で発表されているのは
25年は伸び続けるんだそうです。
希望が持てますねー。

もともと、お父さん子の私はお父さん尊敬していましたが
今回のお父さんの前向きなひたむきさ、
精神力の強さに脱帽です。

お父さん担当だったお花のお世話も、
私とお母さんで今は担当しているけど
すぐ又、担当復帰して貰えそう。

お父さん不在なんで自分好みのお花
増やしてみました。
ピンクの小さいお花はきをらセレクション。
f0165730_19313066.jpg
f0165730_19322395.jpg
f0165730_1932438.jpg
f0165730_1935751.jpg

f0165730_19331791.jpg

[PR]
by nevealta1206 | 2013-04-30 08:22

Confidence!!

怪獣達が去った後は寂しいけど、
ゆっくりまったり出来ています(^w^)

お父さんの回復速度も、凄くて、
先生もビックリしています。

ずっとスポーツやってたのが大きいらしいけど
何より、本人の精神力と前向きな姿勢。
諦めてしまったその時点で
リハビリ治療は限界に達してしまうから。

ただ、今まで簡単に出来ていたことが
人の手を借りないと出来ない、
ちゃんと理解してても伝えられない、
コミュニケーションが出来ないと言うのは、
ひとり暗闇に取り残され、
社会から遮断されたのと同じ。

失語症は、脳で理解してても、
自分の言いたい言葉ではない言葉が出てきたり
上手く発音出来なかったりするらしい。

「違うよ、間違ってるよ。」と、
指摘してしまうと、やる気を削いでしまい
話す気力を奪ってしまうらしい。
単純に言葉が発音出来ない、と、
言う症状ではない場合も多いらしい。
鬱になってしまう人も沢山いるらしい。
そうだよねー。

脳出血で脳に破損が生じた場所の再生は
出来ないらしいのですが、
別の部分が破損した場所を補う役割を
果たしだしたりするんだそう。
人間の脳って凄い。

勉強になります。
当たり前のように過ごしていた生活が
突然奪われる。
未来の見えない恐怖。
苦しくても現実を受け入れて
信じてリハビリを続ける。

何度も何度もお父さんがお母さんと私に
「二人には申し訳ない。」
「なんでかなぁ、こんなはずじゃ。」
と、謝ります。

皆で支えてあって、確実に前へ。
[PR]
by nevealta1206 | 2013-04-23 14:32

my private stylist

毎朝、私の服をcheckして、
服に合う靴をコーディネートしてくれる、
おかかえスタイリスト、
きをらさん、5歳です。

仕事にはハイヒール履いて行くよう
言われます。

もちろん、自分の服も自分で決めるし、
度々、動画を撮るよう、指示され、
その動画を、何度でもcheckします。
自分大好きっこです。。。

土曜日にはロンドンへ戻ります。
f0165730_8193951.jpg

[PR]
by nevealta1206 | 2013-04-18 08:15 | tesoro

transfering

お父さん、遂に今日、救急病院を退院し、
リハビリ病院に転院します!!

やはり、認識し始めてからは
精神的なダメージも大きかったようで
ちょっと、鬱だったのかもなぁ。
いつも下向いて、しんどそうにしていた。

でも、先生から直接本人に、
「腫れが少しずつですがひいて、
いい方向に向かっていますよ。」
と、聞いてからは、笑顔も増えて、
話そうと前向きに変わりました!

すると、毎日出来る事がどんどん増えて、
面会が毎日楽しみです。

毎日、毎日、病院に会いに行くのが、
怖かった。
体調も波があったし、何より、
脳出血の周りの腫れが引かず、
不安だった。

でも、今日からはリハビリに集中!
プロの中で、スパルタで訓練が始まります。

会いに行くのが楽しみです。

甥っ子達も土曜日にはロンドンへ戻ります。
平和な日々が戻るけど、
静かになりすぎちゃう、かな?
f0165730_855617.jpg
f0165730_87245.jpg

[PR]
by nevealta1206 | 2013-04-17 07:57

keep going forward

脳出血で倒れたお父さん、頑張っています。
確実に回復に向かっています。

ただ、先週末から言葉をあまり発しなくなり
しんどそうにしていたので、心配していたら、
脳出血した周りの腫れが
あまりひいてないとのこと。
経過が良かったので腫れを抑える薬を
減らされていたみたいですが
再度投入してもらっています。

一喜一憂ですね。

勿論、そんな日もあると
心がざわついてはいけない、
平常心が大事なんですが、
難しいですね。

運ばれた時の事を考えると
奇跡の連続です。
感謝を忘れてはいけない。

たまたま休みで、お母さんと一緒に散歩中に
倒れたとか、
たまたま、通りかかった心優しき青年が
バイクで一度通りすぎたのに戻って
救急車呼んでくれたとか、
ドクターカーなる、お医者様が救急車に乗って
駆けつけてくれる救急車が出動してくれて、
最速で治療してくれたとか、
救急病院にベッドの空きがあったとか、
脳神経科の先生がいらっしゃったとか。

何より、お父さんの「病気に負けてたまるか」
の姿勢が奇跡を起こしています。
皆さまのあたたかいエールと祈りが
奇跡を後押ししてくれています。
私達にパワーを届けてくれています!!!

分かってるんやけど、
ちょっとよくなり出すと欲が出ます。

いやいや!!!
「絶対、大丈夫!」
「絶対、治る!」
を、声に出して唱える。
言霊が力になるのです。

一番頑張ってるのはお父さんだからね。

しかし、子供のパワーって凄い!
孫、上2人はパワー有り余ってて
うるさいから、お父さん、疲れちゃうみたいだけど、
末っ子の孫はあやしてみたりする!!
なにより、笑顔が溢れます!!
f0165730_17435880.jpg
f0165730_17454236.jpg
f0165730_17454071.jpg

[PR]
by nevealta1206 | 2013-04-09 08:05

Lovely nephews

じぃじの応援隊がイギリスロンドンから到着。
やっぱり孫には一番反応するお父さん。
倒れてから初めて笑った!!

病院のすぐ裏に公園があるから、
病院内が飽きても大丈夫?!
f0165730_21243494.jpg
f0165730_2124063.jpg
f0165730_21251637.jpg
f0165730_21253234.jpg
f0165730_21254487.jpg

[PR]
by nevealta1206 | 2013-04-04 21:23

miracle

お父さんの回復力がmiracleです。

今はICUにはいるものの、自力で息もしているし、
目を開いている時間も増えたし、顔色もよく、
併発していた肺炎も回復に向かっています!

本当に皆さまの祈りとパワーが
私達家族にも届けられ、
支えられて前進しています。
ありがとうございます!

ひとまず一山越えて、今は
リハビリのための転院先を探して
頂いています!

凄いでしょ?
運ばれた時には自分で呼吸もしておらず、
脳出血をおこし、肺炎まで併発して
高熱にうなされていたのに!

このブログも「リハビリ介護日記」に
なるかもぉ(  ̄▽ ̄) ふふ。

お母さんと色々話しあい家で、
のんびりすることがふえたので
チクチク結構進みます(。^。^。)
f0165730_1342477.jpg

[PR]
by nevealta1206 | 2013-04-02 12:31 | punto a croce